DVD高価買取を目指すなら保管方法に気を付けよう!

DVDは様々な映像作品が収録されて販売されており、人気作品であれば長く愛されます。DVD買取においては、人気作品なら高価で買取されることが多いです。高価買取を目指すなら、その保存方法は重要なものになります。

DVDの仕組みについて知る

DVD
DVDにはデータが内蔵されており、繰り返し映像作品を見ることができるようになっています。繰り返し使用してもデータが劣化することがないので、ずっと使い続けられます。ディスクの摩擦の心配はなく、時間経過による劣化はありません。DVDは光ディスクの一種ということもあり、データの劣化がなくてもディスク自体が劣化してしまいます。保管状態が良くても、その寿命は10〜30年と考えられます。たとえ保管状態がよくても、このようなところを意識すれば、買取の際に役に立つでしょう。

DVDの状態が変化する要因

DVDの状態はデータには影響しないものの、ディスク本体に対しての影響は強く受けるようになっています。様々な要因があることで、DVDの状態が変化するようになるので、次のようなことに注意して保管する必要があります。まずは温度で、高温の状態で保管するとディスクを変質させてしまいます。湿度にも注意しなければならず、材質が水分を吸収することで化学変化を起こし、読み取れなくなります。直射日光に当たらないようにすることも大事で、記録層に使われる色素が紫外線に弱いため、短時間でも日光に当てると急激に劣化します。強い衝撃や圧力を与えることでも、ディスクが変形して寿命が短くなります。これらのことに注意することが大事で、安全に保管するようにしましょう。

汚れが付いた時の対策

汚れがついたDVD
DVDは傷や指紋、汚れなどでも劣化することがあり、寿命を縮める要因にもなります。もしDVDに汚れが付いてしまったときには、きれいにする必要があります。このときの対策としては、専用のディスククリーナーや眼鏡拭きなどの柔らかい布で放射状に拭くことで、DVDがきれいになります。この場合で汚れが取れないときは、水で薄めた中性洗剤などに布を浸して固く絞って拭き、その後に乾いた布でふくようにします。軽く拭き取ることが大事で、強く拭き取ると表面に傷がつくことがあります。水や油もDVDの寿命を縮める要因になるので、取り扱いに気を付けましょう。洗剤を使用する場合は、取り扱う種類に気を付けましょう。

高価買取につながるDVDの保管方法

DVDが劣化する要因に気を付ければ、安全に保管することができます。劣化する要因である温度や湿度に注意し、直射日光を避けるように保管することが大事です。保管するときは、窓側など結露の多い場所に置かないようにします。温度や湿度が変化しやすい場所も避け、空調機器の近くなどは避けましょう。DVDは立てた状態で保管することがおすすめで、ディスクに無理な力を与えないようにします。ディスクの表面は他のものに接触させないようにし、表面に汚れや傷がつかないようにしておきます。保管に適しているのは黒いプラケースで、この中に入れて保管することがおすすめです。

DVDの高価買取を目指す保管方法

売却予定のDVD
DVDはデータの劣化はないものの、ディスク本体は様々な要因で劣化することがあるので、保管方法に気を付けなければなりません。温度や湿度、光などに気を付けることが大事で、これらの環境によるDVDの劣化を避けるようにしなければなりません。衝撃や圧力を与えないように保管し、立てて保管するようにしましょう。汚れや傷をつけるのはよくなく、もし汚れが付いた場合はきれいにしておく必要があります。これらに気を付けることで、高価買取につながります。

DVD買取の相場は?
■https://www.buyking.club/items/dvd